【リフォーム】耐震について

1.はじめに

こんにちは! 

愛知県安城市で、
「楽しむをデザインする」を合言葉に、
 住宅リフォーム/リノベーションや、 
環境エネルギー事業や建材事業を行っている、 
株式会社ALLUCIS(アルシス)です! 

このブログでは
現場風景レポートや、 
ビフォーアフターのご紹介、 
ためになるお役立ち情報など… 
様々なコンテンツを発信していきます! 


今回は
 
/  お家において大切な、
   耐震について 
\  を紹介していきます!

▼過去にもアルシスの 
『施工実例』をブログ更新しています! 
ぜひチェックしてみてください

2.南海トラフ巨大地震

株式会社アルシス|安城市|愛知県|住まいのリフォーム・リノベーション
早速ですが、
”南海トラフ巨大地震”はご存じですか?

一度は耳にしたことがある方が大多数だと思います。

東日本大震災レベル以上の地震が、
今後30年以内に70%~80%の確率で発生すると言われています。

自然災害なので、地震を避けたり来なくさせることは不可能です。
しかし、災害に備えて事前にできることはあります。

今回はそのお話をしていこうと思います!

3.耐震等級のお話

株式会社アルシス|安城市|愛知県|住まいのリフォーム・リノベーション
大地震から身を守るため、また家を守るためには、
まず自分のお家がどれくらいの耐震等級であるかを
知る必要があります。

耐震等級ってなに・・・?
と思われた方、多いと思います!

耐震等級とは、
地震に対する建物の強度を示す指標の事です。
主に3つのレベルで分けることが出来ます。

それが上の表です。

株式会社アルシス|安城市|愛知県|住まいのリフォーム・リノベーション
「「じゃあ、耐震等級が1なら
南海トラフが来ても家は絶対壊れないんだね!!」」

と思うと思います。

しかし!
東日本大震災熊本地震のように、
大きな地震が何回も来たら、
命を守ることが出来ても、家は倒壊してしまう可能性が高いです。

南海トラフは上記の地震よりも大きいと言われていますから、
同じように1だと倒壊してしまう可能性はあります。
2000年に「新耐震基準」というものが新しく設定されました。
耐震等級1であれば、この新耐震基準は満たされています。

2000年以前に建てられたお家には、この基準がないわけです。

新耐震基準より前の旧耐震基準は、
震度5の地震で「倒壊しない」ことを基準にしています。
つまり、旧耐震基準では、震度6以上の地震を想定していないということです。。!


株式会社アルシス|安城市|愛知県|住まいのリフォーム・リノベーション
2000年以降に建てられたお家でも、
完全に安心できるというわけではありませんが

2000年以前に建てられたお家は、より危険というわけです。

実際に2000年以前に建てたお家で
弊社に相談に来られて耐震等級を調べた結果、
ほぼ皆さんが耐震等級1以下でした。

1以上になるように、耐震改修を施しました。

4.耐震相談会について

新耐震基準設定以前に建てられた方々は、
まずは大震災から命だけでも守るため、
耐震等級が1以上になるように改修をお勧めします!

まずは自分のお家の耐震等級や現状を知る必要があります。

そこで、安城市では毎年耐震相談会を行っています!^^
今年は8/27(土)開催です。

こちらは参加数に限りがありますので、
お早めに申し込みの方お願いします!!

お申し込みは
https://www.city.anjo.aichi.jp/kurasu/sumai/images/soudankai.html
こちらからお願いします♪

弊社からは相談員として、古市が参加させていただきます!